お知らせ,  ムラたび九州カレッジ

ムラたび九州カレッジ 11月8日(金)開催のご案内

長崎市茂木町では「宿運営」をテーマに計3回のカレッジを開催します。2回目となる今回は、<アルベルゴディフーゾ概論>とし、9月に実施した南チロル地方のアルベルゴ・ディフーゾ研修報告の他、アグリツーリズムを推進している中間支援組織「ガロ・ロッソ」の取組みを学びながら、九州での観光地域づくりを考えていきます。

イタリアから学ぶこれからのツーリズムー次世代に繋がるアグリ・ツーリズモ(農泊)とアルベルゴ・ディフーゾ(分散化した宿)ー

日時:2019年11月8日(金)13:30~17:00 (受付:13時~)
場所:NAGASAKI HOUSE ぶらぶら(長崎県長崎市茂木町2190-11 ☎095-836-0306)

費用:無料。ただし、交流会(3,000円)・宿泊(4,200円~)を希望される方は実費が必要です。

申込(11月3日(日)まで):コチラから

チラシを見る

■主なスケジュール
<講座1>
『イタリア研修報告&観光地域づくり講座』
講師:坂元 英俊氏(一般社団法人地域観光研究所 代表理事)

<講座2>
『ガロ・ロッソの取り組みについて』
講師:五艘 みどり氏(帝京大学准教授「国内海外農村ツーリズム研究」
 

<WS>意見交換会

■交流会&宿泊も可能です!
講義の後、参加者とBBQ交流会も開催。
参加費(交流会3,000円)、宿泊費(4,200円~)は当日受付でお支払いください。宿泊された方を対象に翌朝、漁村の暮らしを感じる「早朝さんぽ」をご案内。その日の朝に水揚げされた新鮮な魚を販売するリアカー市見学も行います♪。(リヤカー市は早朝の漁があるときのみ開催)