お知らせ,  ムラたび九州カレッジ

ムラたび九州カレッジ2020年2月21日(金)開催のご案内

日本各地で事業化が進んでいる分散型宿泊ホテル。既存の農泊でも取り入れることができるのか、自分の街で実践する場合に必要となってくるスキームとは。
地域の特性や文化・歴史によって、展開の方法は様々で、明確な正解はありません。
実際に足を運んで得た学びや感覚と、事業化を進めている実践サイドの両面の話を聞いて、いざ自分の地域に取り入れる!となった場合のケースを想定してワークで考え方を落とし込んでいきます。

ムラたび九州カレッジ@臼杵

地域と共に作り上げる 分散型宿泊スタイル

日時:2020年2月21日(金)10:00~15:00 (受付9:30~)
場所:サーラ・デ・うすき 交流ホール(大分県臼杵市大字臼杵210-3 ☎0972-64-7271)
定員:30名(先着順)
   農村漁村での滞在型観光、インバウンド観光、観光地域づくりに
関わっている方、ご興味のある方、どなたでもご参加頂けます。
費用:無料

申込:2020年2月16日(日)まで お申込みはコチラ

チラシはコチラ

■主なプログラム

●視察報告
 「兵庫県篠山市、滋賀県大津市の分散型宿泊ホテルに滞在して」
 くらたび臼杵 会長 平林真一
●講義
 「商店街と共に歩むホテル」
 株式会社自遊人 取締役/HOTEL講大津百町 支配人 佐藤毅純氏
●ワークショップ
「我が町の分散型宿泊スタイルを考える」